驚きの電動アシストバイク 海外編

ラベル:


平成狸合戦「ぽんぽこ」号

たった今、何となく思いつきで名前を付けてみました。映画から。たぶん今だけしか呼ばないと思う。カワイイすぎる(笑)。

今年の春から乗り始めた電動アシスト自転車のパナソニックEZ。アップダウンだらけの多摩ニュータウンでぼちぼちと活躍中。

本来の購入目的の「子供乗せ自転車」として活躍してくれるまで、あと2ヶ月くらいでしょうか。もう子供とお出かけしたくってたまりません。

娘的にはどうだかわかりません。聞いてもまだ「あー、うー、うきゃきゃっ!」しか言ってくれませんので(笑)。

さて、国内で電動アシストといえばママチャリというイメージですが、海外のホームページを見てみるとシティコミューターからクルーザー、MTBのようなスポーツタイプまで様々な種類があります。もちろんロングテールバイクも。

アシストシステムも様々です。国産のようにモーターがフロントギア部分にあるもの、後輪のハブ部分にあるもの。商品化されていないみたいだけど、フレームの中に仕込まれているもの。バッテリーもあからさまにリアの荷台にあったり、フレームにうまくとけ込ませたりといろいろ。あらゆるジャンルの自転車のなかでここ数年、飛躍的に進化しているのは、実は電動アシスト自転車ではないでしょうか。

明らかに国産と違うデザイン。文化の違いといえば仕方がないですが、どっからどうみてもオシャレだったりカッコよかったりでうらやましいです。あまりにも遊び心のあるバイクが多いので、電動アシスト自転車は海外が先駆者なのかと思いきや・・

Wikipediaによると、1993年にヤマハが発売した、「電動ハイブリッド自転車・PAS」が世界初の電動アシスト自転車だそうです!。すごいじゃん日本!。・・でも世界の電動アシスト自転車を見てると・・バリエーション的に追い抜かれていませんか??。がんばれニッポン!!。国内でも電動アシスト自転車がメジャーになる日は近いと思いますよ。

とはいっても、海外のは国によって規制が違うようですが、とにかくパワフルすぎて電動アシストだかフル電動自転車だか境界がよくわかりません。これは現実?ファンタジー?と思ってしまいそうなのもありますね。普通じゃないのばかりですが、今回は主にオフロード系に的を絞って気になるバイクを何台か。


まずは
fortune HANEBRINK
楽しそう!!でも砂浜走るときはウミガメの卵に気を付けないとですね。


そして次。恐ろしいのつくってますCorratec。
 
引用元:http://www.elektrobike-online.com/news/corratec-bringt-carbon-e-bike-mit-80-km-h-maximalspeed.451746.410636.htm
Technische Daten im Detail
  • Gewicht: 18 kg
  • Motorleistung: 1.200 Watt
  • Akku: 13 Ah / 48 V
  • Höchstgeschwindigkeit: 45 km/h als S-Pedelec, 80 km/h im reinen Motorbetrieb
  • Reichweite: Bis zu 100 km als Pedelec, bis zu 50 km im reinen Motorbetrieb ohne Pedalieren
  • Schaltung: Shimano Alfine 11-Gang
  • Federgabel: DT Swiss XRM-100, 100 mm Federweg
Ab Februar soll das Corratec E-Bow für rund 10.000 Euro zu haben sein - in einer limitierten Auflage von 50 Stück 


何話してるのかさっぱりわかりませんが(笑)・・とにかくイカれてます。AMGハンマーにルーフCTR、ドイツという国は車も・・・自転車も?(笑)、アウトバーンを基準に造るのでしょうか。書いてあること何となくしかわかりませんが、最高速80km/h出ちゃうようです。アシストだからもちろん平地でですよね。ギアは内装でパワフルなモーターを積んで、無茶苦茶速いみたいです。次のモデルチェンジではフロントダブルディスクとかにしたほうがいいんじゃないのー!!

僕にとっては、もはや使い道のわからないファンタジーの世界になってきました。ムササビみたいなウエア着てジャンプしちゃった日には、グライダーのようにしばらく空飛んでそうです(笑)。


そして次は・・

MAXデンジャラス!。映画の中からそのまま出てきたような、ものものしい雰囲気プンプン。どこを走ってもトラブル(故障じゃなくて)起こしそうなバイク(笑)。平和のためには是非ファンタジーのままで・・・

とかいっても、これがこの世にあるならせっかくだから乗ってみたいのが人情です。有料の専用コースとかにMTBレンタルにこんなのあったら楽しそう。コース内だったらあれこれ気にせず思いきり楽しめるし。これだけのビジュアル、賛否両論ながらも、なんだかんだみんな乗りたがりそうだ(笑)。


Stealth Electric Bikes
引用元:https://www.electricbike.com/stealth-bomber-review/




次も見た目ほとんどSF映画の世界です。これもやたら速そうですね。


GRACE

引用元:http://www.besportier.com/archives/coolest-electric-bike-grace-e-bike.html




キャラの濃いバイクばかりでしたが、
もし今のパナソニックEZの代わりに所有できるなら次のがいい。

29er+電動アシスト

とても相性の良い組み合わせだと思います。ハンドル変えてチャイルドシート付けてフロントバッグ(オムツ用)付けてクルーズしてみたい。アシスト付きだと何だかんだいって重量あるだろうから、ストリートや河川敷をまったり走りたいですね~。

Rotwild T1 Hybrid 


引用元:http://www.elektrobike-online.com/news/rotwild-t1-hybrid-neues-trekking-pedelec-mit-bosch-antrieb.452106.410636.htm


規制だ法律だで色々と面倒くさい縛りのある電動アシスト自転車ですが、海外の電動アシスト自転車が日本にもっと入ってきて、選択肢が増えると楽しいですね。パワーありすぎはどうかと思いますけど。




Comments (0)

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人気の投稿 (全期間 )

ページビュー(全期間)